購入対象の端株の見つけ方

スポンサーリンク
株式投資・投資信託
スポンサーリンク
スクリーニングの方針

前回の記事で記載したとおり、楽天銀行の配当金受取プログラムの攻略のためには、

①株価 と ②配当回数 が重要です。

配当金受取プログラムの攻略(もんき~たの場合)
配当金受取プログラムとは?楽天銀行の配当金受取プログラムは、1円でも良いので配当金として振込があれば、振込1件につき10円を振り込んでくれるというもの。1つの企業からは、年1回配当であれば1...

したがって、

なるべく株価が安い銘柄なるべく配当回数が多い銘柄を探していくことになります。

SBIネオモバイル証券の絞り込み検索

SBIネオモバイル証券にログインして、銘柄を絞り込んで検索します。

「投信金額順」に並び替えた上で、更に表示する銘柄を絞り込みます。

そして、「配当のある銘柄」にチェックを入れ、株価の検索範囲を選択します。

500円までの銘柄が一番買うことが多いから、500円を入れることが多いですね。

そうすると、配当がある銘柄が金額の低い順に並んでくるので、これが購入候補となりますね。

私の場合は、 500円未満で配当があるのであれば、この時点で購入決定です

「配当のある銘柄」で絞り込んでいるはずなのに、なぜか0.00%銘柄も多く表示されるのですが、この理由はよく理解できていません。なぜなんでしょう…。

配当回数の確認方法

購入候補の銘柄の株価が上がっていくと、配当回数を確認する必要があります。

私は、配当回数の確認については、「決算ウォッチ.com」というサイトを利用しています。

決算ウォッチ ホーム
決算ウォッチは、誰でも自由に活用できる有価証券報告書のデータブックです。

このサイトにアクセスして、銘柄コードを入力すると、その銘柄の配当回数を確認できます

画像では、「4712」を入力して、KeyHolderの配当回数を確認しています。

期末の1円の表示があるので、年1回の配当であることが確認できました。

83円の株価だから、受取プログラムで10円もらうと利回りの底上げは驚異の12%超ですね(笑)

もんき~たが買っている銘柄

500円未満であれば、配当利回が0.00%でなければ買っています。

500円以上の場合は、配当回数を確認して、年2回以上の配当であれば買っています

500円以上で配当が年1回の配当の銘柄については、次のようなことを考えてフィーリングで決めています。

・配当利回りがある程度見込める(2~3%)、配当性向が低い…等。

・過去に無配転落がない、今後増配もありそうだ…など。

(銘柄を分析するスキルがあまりないので、本当に気休めですが…)

こんな感じで繰り返して、少しずつポチポチと端株を購入して積み立てています。

総合利回が5~7%を超えるといいなぁと夢見ながら、暇を見つけては端株をポチポチ購入しています。

楽天銀行の配当金受取プログラムについては、この記事にまとめてあります。



コメント

タイトルとURLをコピーしました