配当金受取プログラムの攻略(もんき~たの場合)

スポンサーリンク
株式投資・投資信託
スポンサーリンク



配当金受取プログラムとは?

楽天銀行の配当金受取プログラムは、1円でも良いので配当金として振込があれば、振込1件につき10円を振り込んでくれるというもの。

1つの企業からは、年1回配当であれば10円、年2回配当であれば20円もらえるということになります。

1株100円の企業からの配当が年1回(10円)で、10%の配当利回りの底上げ。ステキですね!

1株100円の企業からの配当が2回(20円)で、20%の配当利回りの底上げ。ベリーステキですね!

まぁ、こんな好条件はそんなに多くないんだけどさ!

配当利回り+底上げってなると、2%から5%でも十分にオトク感でるよね!

配当利回りの底上げ整理表

今の話は、次の表のとおりに整理されます。

株価底上げ利回
(年1回)
底上げ利回
(年2回)
10010.00%20.00%
2005.00%10.00%
3003.33%6.67%
4002.50%5.00%
5002.00%4.00%
6001.67%3.33%
7001.43%2.86%
8001.25%2.50%
9001.11%2.22%
10001.00%2.00%
私の購入方針①

配当金受取プログラムにより利回りだけで、2%以上あれば購入候補としました

配当利回りが1%あれば3%になるので、ここくらいまでが許容範囲かなぁと!

金額の低い順、利回りの良い順から1株ずつ購入していきます。

端株取引の手数料がかからないSBIネオモバイル証券でポチポチ買っていきます。

株価400円から500円くらいで年2回配当の企業は結構多いよ。

配当利回2%で6%~7%!結構割の良い数字だと思わない?

私の購入方針②

端株優待を実施している企業についても、何となく買っています。(Joshin・日テレなど)

ひっそりとトレーダー&優待生活(´・ω・`)のブログの記事、

いつも楽しみに読んで参考にしています。

また、高配当株投資で有名な企業(キヤノン等)についても、1株ずつ買っていきます

この投資手法が有効なものかは、身を持って検証し、ブログで報告していきます (笑)

購入対象の端株の見つけ方については、次の記事でまとめています。



コメント

タイトルとURLをコピーしました