【証券口座】我が家の証券口座の使用状況【どの口座を使う?】

スポンサーリンク
株式投資・投資信託
スポンサーリンク

どの証券口座をチョイスして株式投資を初めていくかは、最初の一歩として悩むところだと思いますが、参考になればと我が家の事情をお伝えしたいと思います。

我が家では、①家計資産②個人資産(独身時代の資産+毎月のお小遣い)を区分して整理するため、複数の証券会社を使い分けています

妻は個人資産用の口座を保有していません。

家計口座:楽天証券

夫・妻(積立NISAメイン)

家計の資産は、基本的に 夫婦2名義で積立NISAでインデックス型投信(先進国株式)を毎月積み立て運用しています。(年40万円×2人)

そのため、楽天カードで投信を積み立てるとその金額の1%のポイントを付与してくれる楽天証券で開設しています。他社にはないこのメリットは圧倒的ですね。(ポイントが付いた先からどんどんポイントで投信の追加購入をしてます。)

家計用の優待銘柄の一部も、楽天証券で購入しています

idecoも楽天証券で開設しています。

娘(ジュニアNISAメイン)

家族全員の家計口座が楽天銀行なので、家計口座間の資金移動のメリット(コスト無料、即時反映)を考慮して楽天証券をチョイスし、ジュニアNISAを開設。

この口座は、配当金非課税を活かすための高配当銘柄+株主優待銘柄購入のために使用しています。

(端株が購入できないので、SBI証券でも良かったな~と思うときはあります。)

個人口座:夫のみ

端株用:SBIネオモバイル証券

端株取引用に月間50万円まで手数料実質無料のSBIネオモバイル証券を開設しています。

このブログのメインコンテンツですね(笑)

このブログのメインテーマですね。端株最高。

個別株・優待株用:STREAM

大手証券会社と違って知名度があるわけではありませんが、スマートプラス社のSTREAMで口座を開設しています

スマートプラス『STREAM』開設プロモーション

STREAMは、端株取引は出来ませんが、株式取引手数料が常に無料です。立会外取引といった市場外取引を活用して実現しているようですね。株式取引手数料無料を最初に達成した証券会社で、スタートアップの時点で口座を開設しました。

これまで何の疑いもなく手数料を支払って株式を売買していたので、衝撃を受けました。これ以降、株式の取引に手数料を支払うのに、すごい抵抗を感じるようになってしまいました(笑)

単元株の取引は取引金額が月間50万円以上になることも多いので、個別株・優待株はSBIネオモバイル証券ではなく、STREAMで保有しています

投資信託ほか:SBI証券

個人資産用の投資信託を積み立てるのに使用しています。

個別株は日本株高配当・優待戦略を実施しているので、バランスを取るために先進国株式インデックスを少しずつ積み立ててバランスを取ることが目的ですね。(資金が足りなくて全然バランスできてませんが…。)

あとは、IPOの応募用に口座を確保している感じです。

SBI証券[旧イー・トレード証券]

感想

とりあえず、維持でも手数料を払いたくないっていう気持ちが伝わってきましたでしょうか(笑)

繰り返し手数料が発生すると長期では結構な額を取られてしまうので、何とか抑えたいという気持ちが強かったです。ランチの金額に一喜一憂している身ですからね~。

外国株式も、売買手数料が無料になったら参入するかもしれないですね~。

もんき~た
もんき~た

複数の口座を使い分けると口座間のお金の出し入れが面倒臭いけど、

節約になるならそれくらい構わないぜ!って感じで細々頑張ってます。

楽天銀行

コメント

タイトルとURLをコピーしました